自動運転バスの実証実験実現へ取り組みます


少子高齢化の進展などを見据え、ドライバー不足などの課題に対応するため、自動車の自動運転の実証実験が地方を中心に各地で行われています。そこで、2月市議会の代表質問で自動運転について尋ねました。名古屋市では、愛知県と共同して、将来の自動運転バスの実現につなげるため、2021年度に名古屋駅東口から鶴舞公園南側の区間で、実証実験が行われることとなりました。少子高齢化などの課題にも、モノづくりの精神で果敢にチャレンジしていきます。